会社近隣の紹介

弊社所在地の東京都北区王子近隣の紹介です。

飛鳥山公園

飛鳥山公園は東京の桜の名所として知られている場所で、八代将軍 徳川吉宗が享保の改革の施策で江戸庶民の花見が行える場所として作られた場所です。当時は桜の名所では禁止されていた宴会等が、ここ飛鳥山では容認されていたために庶民の憩いの場になったのだそうです。公園内には650本の桜(ソメイヨシノ、サトザクラ)をはじめ、約15,000株のツツジ、1,300株のアジサイが植えられています。JR京浜東北線「王子駅」と東京メトロ「王子駅」さらには都電荒川線「王子駅前」から徒歩1~2分という位置付もあって週末などは大変な賑わいを見せる場所です。

飛鳥山という名前は国土地理院の地形図には記載されておらず、その標高も正確には測量されていませんでした。飛鳥山を東側から見れば山に見えるが、西から見ると丘に見える程度です。北区では、「東京都で一番低い」とされる港区の愛宕山(25.7メートル)よりも低い山ではないかとして、2006年に測量を行い、実際に愛宕山よりも低いことを確認したとしている(測量結果は公表していないが飛鳥山の山頂(?)には左の写真の様な石碑があります。) 標高25.4mと記載されています。北区は国土地理院に対し、飛鳥山を地形図に記載するよう要望したが採択されなかったそうです。微妙に30cmの違いの様です。 

飛鳥山公園モノレール(あすかパークレール、通称アスカルゴ)
山と名前が付くだけあって、王子駅側から登ろうとすると、緩やかですが多くの階段を歩くことになります。このため、12月29日~1月3日までと月1回の点検日をを除く毎日(午前10時~午後4時まで)上記写真の約50mを無人運転で2分ほどで運んでくれます。( 16人乗り イス=6名 立ち席=10名 )無料で利用できます。(操作方法はエレベーターの操作方法と同じで内部からドアの開閉等を行います。)

音無水親公園

JR京浜東北線「王子駅北口改札」を出て西側方向に歩いてすぐです。ここは現在の石神井川の旧流路であったところで、昔は「音無川」と呼ばれていたところだそうです。昭和30年代から始まった河川改修工事で川自体は他の場所に移設されてしまったが、住民の希望で音無川の跡地を公園として残したのだそうです。「日本の都市公園100選」に選ばれた公園です。都内ではこの「音無親水公園」の他に「国営昭和記念公園」、「日比谷公園」、「上野公園」、「水元公園」、「代々木公園」が選ばれています。(意外と知られていないかも知れません。)

名主の滝公園(東京都北区岸町1丁目15-25)

江戸時代の王子村の名主「畑野 孫八」の邸宅であったものが明治になり「垣内 徳三郎」という方の所有になってから庭園として整備されたのだそうです。その後、昭和13年に精養軒に所有権が移り食堂などとして公開されていたようですが昭和20年の空襲で焼失してしまいましたが、東京都の管理により昭和35年から再公開が始まったのだそうです。園内には、「男滝」、「女滝」、「独鈷の滝」、「湧玉の滝」の4つがあります。広大な敷地の中に、100本の紅葉と欅・榎などが植えられています。
開園時間は、午前9時~午後5時まで。(※ 王子稲荷神社から北へ100mくらいの場所です。)

王子神社(東京都北区王子本町1-1-12)

音無親水公園から坂を登りきった場所にあります。(王子駅北口から歩いて5分程度)
元享2年(1322年)領主である豊島氏が紀州熊野三社より王子大神を迎えて改めて「若一王子宮」と奉斉し、熊野大社にならって景観を整え、これによりこの地が「王子」という地名になったのだそうです。
徳川八代将軍吉宗公は、紀州藩出身でありこの王子神社の由来を知り大いに喜び、元文2年(1737年)に飛鳥山を寄進し、桜を植えて江戸庶民の遊楽の地としたのだそうです。

王子稲荷神社(東京都北区岸町1-12-26)

毎年の大晦日に「東国三十三国」の狐が関東稲荷総社と崇められる「王子稲荷」に装束を改めお参りしたと言われています。落語の「王子の狐」の舞台としても広く知られているところです。
毎年、大晦日には「王子狐の行列」が行われていて参加者はそれぞれ狐の化粧をして初詣を行う行事が行われます。
この神社には「願掛けの石」があり、その石を持ち上げるときに重く感じるか軽く感じるかで願いが叶うかを占うのです。
この石を持ち上げた時に軽く感じれば・・・願いが叶うかもしれません。重く感じれば・・・もう少し努力しましょう、とのことです。

王子装束稲荷神社(東京都北区王子2-30-14)

晦日に王子稲荷にお参りする狐が、この王子装束稲荷の「榎」の元に集まり装束を改めたところです。敷地内には
 いざあけん えび屋 扇屋 とざすとも 王子の狐 かぎをくはえて
という石碑があります。この扇屋は今でも「卵焼き」で有名なお店です。
現在の「榎」は昭和4年に道路拡張の際に伐採されたため2代目となるものです。